これが嫌!これだからつらい!EDになると不便なこととは?

なんとなく夫婦仲が悪くなります

EDになると不便な事として真っ先に挙げられるのは男女の関係に不和が生じる事です。

特に夫婦であれば関係は自然にぎこちなくなってしまいます。その理由は単純で、妻である女性がEDに対して不安や疑念を抱くようになるからです。

男女の関係において性行為は一種のコミュニケーションと言えます。

そのコミュニケーションで躓いたり気持ちよく終われなければ釈然とした気持ちになってしまうのは言うまでもありません。男性がEDだと分かっていても「自分が魅力的ではなくなったからではないか」と考えるようになり、最悪「浮気しているんじゃないか」と思い込むようになります。

否定してもそれを裏付ける材料は治療しなければ手に入らず、かといってぎこちない関係になっても恋人のように別れる事も出来ないので気持ちは針のむしろに座っている状態になっていくわけです。

精神的なストレスはEDの治療の妨げになる可能性が高いため、パートナーである女性への理解は求められます。

仕事の付き合いで風俗に行くのが苦痛

性欲の減退はEDの最大の特徴であり症状です。
そんな状態で仕事の付き合いで赴く風俗に行く事は苦痛の一言に尽きます。風俗の対応は様々あり、性行為や胸など部分的な部位だけをタッチしていいスキンシップだけなど幅広いです。

スキンシップだけなら億劫だったとして問題はありませんが、性行為にまで発展した場合は自分がEDだと知られてしまいます。対応する風俗嬢はプロなので付き合い上は大人の対応をしてくれますが、内心が同じとは限りません。つまるところ邪険にされる可能性があります。

これに対して「苦痛だったら素直に告白すればいい」という提案がありそうですが、仕事の付き合いである相手に対して告白するのは男心が許さないものです。逆に告白しないまま断ったとしても「付き合いが悪い」とレッテルを貼られてしまい、職場で辛い思いをするのは言うまでもありません。

特に風俗に誘う相手が上司であれば、基本的に縦社会である社会で先輩の申し出を断る事など出来ないものです。

これを機に乗り越えてみませんか?

人間の三大本能のなかでも性欲は減退が著しく、加齢とともに興奮しなくなるのは珍しくありません。

けれども男女の関係の不和や職場での立場の危機などEDになっただけで不便になる事が多数あります。そうしたトラブルを回避するためにEDになった男性は自己のケアで何とかしようとするものです。例えば「風俗嬢相手なら興奮するかもしれない」と考え、風俗店に足を運ぶ男性が多く確認されています。残念ながら大抵の場合は治る兆しすらもありません。

確かにEDの治療はサプリメントの服用による自己ケアでも可能ですが、そのほとんどが生活習慣の改善が求められます。大抵の場合EDの原因はホルモンバランスの乱れ及び低下が濃厚なため、ホルモンの向上につながる睡眠と食生活、そして運動は見過ごせない要因です。

…とはいえEDの原因は精神的な要因なども考えられるので素人の判断による試みよりも医師に相談して解決策を提供してもらった方が治療への一番の近道になります。

まとめ

EDになると性行為のパートナーである女性との関係がぎこちなくなったり、仕事の付き合いで赴く風俗店で嫌な思いをしたり等人間関係で精神的なストレスを抱え込む可能性が高いです。避けられるのなら避けるべきですが、相手や自分の立場上、最善策は行えません。

そうなるとEDの治療に取り組んだ方が現実的です。

性欲の減退は加齢とともに起こる症状ですが、EDの原因はホルモンバランスの乱れなので治療の見込みはあります。サプリメントの服用や生活習慣の改善で自己ケアだけで治る事はあるものの、EDの原因は精神的な要因などホルモンバランスの乱れ以外の可能性もあり得るので病院に足を運んで原因を見極めてもらった方が最善と言えます。

このページの先頭へ